知らないと困る!大雪シーズンに向けての対策と備え

大雪への備えを考えたことはありますか?近年積雪による被害も目立ち、大雪に向けての備えを考える必要が出てきました。

本記事では、なぜ大雪時の備えをしなければならないのか、そのためにどのような備えをすればよいかを紹介しますので参考にしてみて下さい。

 

目次

1.なぜ大雪時の備えが必要なのか?

2.大雪の際の備えと注意点

3.真冬の停電もポータブル電源でより安心

4.まとめ

 

 

1.なぜ大雪時の備えが必要なのか?

 

国土交通省の2022年の資料「近年の降雪状況について」を参考にすると、過去10年で全国的に観測史上最高の最大積雪深を記録した地点が多いとされています。

 

降雪日数は減少傾向であるものの、日あたりの降雪量が増えており、大雪となるケースが増えていると考えられます。

 

大雪による雪害例は以下の通りです。

 

  • 積雪害

線路、道路や滑走路などが積雪により埋没したため引き起こされる交通災害。

 

  • 雪圧害

家屋や樹木が雪圧によって損壊する災害。

 

  • 雪崩害

雪崩による被害。

 

  • 着雪害

雪の重みなどにより電線が切断、短絡や電柱の傾斜、折損などを起こす災害。

 

  • その他

雪による転倒や雪下ろしによる転落事故など。

 

まとまった降雪によってこれらのリスクが上がっているため、大雪の備えの必要性も増しています。

 

2.大雪の際の備えと注意点

 

大雪による雪害の特徴は、雪が降っている間だけではなく、雪が止んだ後も残った雪が災害につながるということです。

 

雪が残っていることで被害が続くため、大雪による雪害は長期化してしまう可能性が高くなります。

 

大雪の被害の中でも影響の大きいものは停電が伴う雪害のため、防災対策で必要とされるアイテムの他、冬の寒さに耐えるためのアイテムを用意しましょう。

 

  • 飲食料品
  • 照明
  • 情報収集用の機器
  • 電池・バッテリー
  • 寒さ対策のアイテム

 

停電を伴う際は、暖房器具が使えなくなります。防寒着や使い捨てカイロなどは多めに用意しておきましょう。石油ストーブも有効ですが、一酸化炭素中毒や火災には注意しましょう。

 

大雪の停電にポータブル電源を用意できるのであれば、停電時の暖房対策としてこたつやセラミックヒーターなど安心して使用できる暖房手段も選べます。

 

また、水道管の凍結なども考えられるため、浴槽やペットボトルに水を溜め、生活用水の確保をしておくと良いでしょう。

 

 

3.真冬の停電もポータブル電源でより安心

 

防災で役立つポータブル電源は、大雪による停電の備え としても活躍します。

 

大雪の備えとして推奨したい製品が、Jackeryが展開する「Jackery Solar Generator シリーズ」です。

 

ソーラーパネルとポータブル電源がセットになった製品で、太陽光さえあれば発電も可能なため電気の復旧まで安心して過ごすことができます。

 

また、Jackeryのポータブル電源は「防災製品等推奨品認証」を取得しており安心して使用できます。

Jackery Solar Generator:https://www.jackery.jp/pages/solar-generator

 

特に、同シリーズ内で最新の「Jackery Solar Generator 2000 Plus」と「Jackery Solar Generator 1000 Plus」はバッテリー容量を拡張するオプションを備えており、大容量の家庭用蓄電池に近い運用ができます。

 

ポータブル電源部分は、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、従来品以上の安全性と長寿命を誇ります。

 

2機種のいずれも容量は増やせるため、定格出力に注目すると良いでしょう。

 

  • Jackery Solar Generator 2000 Plus

大人数もしくは、消費電力量の大きい電化製品を多く使う方におすすめ

Jackery Solar Generator 2000 Plus ポータブル電源 セット

 

  • Jackery Solar Generator 1000 Plus

非常用の電源システムをまずは導入したい方におすすめ

Jackery Solar Generator 1000 Plus ポータブル電源 セット

 

4.まとめ

 

大雪での被害は、当然ですが冬のトラブルです。

 

特に、寒さへの対策を怠ることは健康被害に直結するため、暖房手段は一つではなく複数用意しておくと良いでしょう。

 

幅広く、暖房手段を幅広く用意しておきたい方にはポータブル電源が役立つので、ぜひ検討してみて下さい。

 

 

 

 

READ  ミームコイン(Meme Coin)とは?解説とおすすめのトークンを紹介

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *