ポータブル電源は災害時に必要?おすすめのJackery(ジャクリ)製品も紹介

ソーラーパネル

災害時の電源の確保は重要な課題なので、ポータブル電源が災害時に必要か知りたい方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ポータブル電源を災害時に使うメリットや注意点を解説します。

ポータブル電源を災害時に使うメリット

普段と変わらない生活ができる

ポータブル電源を災害時に使用すると、普段と変わらない生活ができます。

特に、大容量・高出力のポータブル電源を使用すれば、例えば冷暖房を使用しながらテレビを見たり、ドライヤーを使用したりすることも可能です。

どこへでも持ち運びができる

災害時には、時として自宅から避難しなければならなくなる状況もあります。

しかし、ポータブル電源を所有していれば、避難所や車の中に持ち込むことができます。

特に、夏や冬には冷暖房が使用できるので、災害時でも安心です。

ソーラーパネルで充電できる

災害が発生して停電してしまっても、ソーラーパネルをセットで購入すれば、太陽光発電で充電することができます。

夜間や雨天時には充電できませんが、日光さえあればどこでも充電できるので、長期間の停電時でも便利です。

ポータブル電源を災害時に使う際の注意点

充電の残量に注意

ポータブル電源を災害時に使用する際には、充電の残量に注意しましょう。

特に、冬には寝るときに暖房が欠かせないので、もし充電がなくなっていると電気毛布などが使用できず、体調に深刻な影響が出てしまいます。

災害時に使用する家電製品を把握しておく

ポータブル電源を災害時に使用する際には、使用する家電製品をあらかじめ把握しておきましょう。

なぜなら、消費電力がポータブル電源の定格出力を大きく超えてしまうと、動作が不安定になったり、故障の原因にもなるからです。

災害時の非常用電源としてポータブル電源のおすすめ

Jackery ポータブル電源 2000 Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源です。

容量2042Wh・定格出力3000Wという高スペックは、あらゆる家電製品の稼働を可能にし、冷暖房の使用も問題ありません。

200Wのソーラーパネルを最大6枚まで接続でき、最速わずか2時間でフル充電できるので、災害時の発電機としても優れています。

 

Jackeryポータブル電源 2000 PLusの製品公式ページ:

https://www.jackery.jp/products/explorer-2000-plus-portable-power-station

Jackery ポータブル電源 1000 Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」も、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源です。

容量1264Wh・定格出力2000Wという余裕のあるスペックが、消費電力の高い家電製品の使用も可能にしています。

200Wのソーラーパネルを最大4枚まで接続でき、最速2時間でフル充電できるので、災害時でも電力を確保できます。

 

Jackeryポータブル電源 1000 PLusの製品公式ページ:

https://www.jackery.jp/products/explorer-1000-plus-portable-power-station

Jackery ポータブル電源 3000 Pro

「Jackeryポータブル電源3000 Pro」は、Jackery最大の容量3024kWhのバッテリーを搭載したポータブル電源です。

定格出力は3000Wあるので、避難所生活でも自宅と変わらないように消費電力の高い家電製品を使用できます。

200Wのソーラーパネルは最大6枚まで増設できるので、災害時の非常用電源として有効に活用できるでしょう。

 

Jackery Solar Generator 3000Proの製品公式ページ:

https://www.jackery.jp/products/solar-generator-3000pro

まとめ

災害時の非常用電源は、停電したときや避難所生活を送るときに強い味方となってくれるので、持っていると非常に安心できます。

この機会にぜひ、Jackeryポータブル電源の導入を検討していただき、災害時の備えとして下さい。

READ  How to Delete Snapchat Messages: A Step-by-Step Guide
12 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *