災害時に備えて発電機は必要?おすすめのJackery太陽光発電機も紹介

災害が発生したときのために、さまざまな備えをお考えの方の中には、災害時に発電機が必要なのか知りたい方もいるでしょう。

この記事では、災害時に発電機が必要な理由と、災害時に発電機を使用する際の注意点を解説します。

災害時に発電機が必要な理由

停電時でも電気が使える

発電機を自宅に備えておけば、災害で停電が発生しても電気を使用できます。

現代人の生活は電気に大きく依存しているので、万が一の備えとして非常用発電機を備えておくと安心です。

冷暖房が使える

特に真夏や真冬には、冷暖房が使えるかどうかは命にかかわります。

発電機を用意しておけば、災害時にも普段と同じように冷暖房が使え、生存率が高まります。

調理器具が使える

発電機を備えておけば、調理器具が使用できることもメリットです。

特に冬には、温かい飲食物を摂ることも体調の維持につながるでしょう。

災害時に発電機を使用する際の注意点

避難所での使用

避難所で発電機を使用するときには、周囲の人々への配慮が必要です。

排気ガスを発生したり、騒音の大きな発電機を使用することは控えましょう。

消費電力の把握

災害時に備えて、使用する家電製品の消費電力を把握しておくこともおすすめです。

所有している発電機で、どの程度の家電製品が稼働できるのか分かりやすくなります。

災害時におすすめのJackery太陽光発電機

災害時のためにどのような発電機を用意しておけばよいのか、分からない方もいるでしょう。

ここでは、災害時におすすめの発電機を3種類ご紹介します。

Jackery Solar Generator 2000Plus

「Jackery Solar Generator 2000 PLus」は、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源と、200Wのソーラーパネルがセットになったソーラー発電機です。

容量は2042Whで、拡張バッテリーを増設すれば24kWhまで容量を増やせます。

定格出力3000Wという高スペックを持ち、日光さえあれば付属のソーラーパネルによって日中はどこでも発電できます。

ソーラーパネルは最大6枚まで増設できるので、非常用電源としておすすめです。

 

https://www.jackery.jp/products/solar-generator-2000-plus

 

Jackery Solar Generator 1000Plus

「Jackery Solar Generator 1000 PLus」も、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源と、200Wのソーラーパネルがセットになった太陽光発電機です。

初期状態の容量は1264Whですが、拡張バッテリーを増設することも可能で、最大5kWhまで増やせます。

定格出力2000Wという高出力を持ち、付属のソーラーパネルを使用してどこでも発電できるうえに、ソーラーパネルは最大4枚まで増設が可能です。

https://www.jackery.jp/products/solar-generator-1000-plus

 

Jackery Solar Generator 3000Pro

「Jackery Solar Generator 3000 Pro」は、Jackery最大の3024Whという圧倒的な大容量を持つバッテリーを搭載したソーラー発電機です。

定格出力も3000Wという高出力を持ち、ほとんど全ての家電製品を稼働させられます。

付属されている200Wのソーラーパネルで発電できるうえに、ソーラーパネルは最大6枚まで増設できるので、災害時の非常用電源としておすすめです。

https://www.jackery.jp/products/solar-generator-3000pro

 

まとめ

災害時に停電が発生すると、発電機を所有しているかどうかで安心感が全く違います。

災害時に備えて発電機の購入をお考えの方は、高スペックで長期間使用できるJackeryの太陽光発電機をぜひご検討下さい。

READ  ポータブル電源は災害時に必要?おすすめのJackery(ジャクリ)製品も紹介